E&Cエンジニアリング株式会社
ECE

◆SITE MAP

 

表面電流を抑制する高損失特性型電波吸収体

ECCOSORB COATING 269E

ECCOSORB COATING 269Eは物体の表面に塗布することにより、S bandからK bandで高損失の特性が得られます。

ECCOSORB COATING 269Eは、放射素子への対応、複合物標のレーダー・クロス・セクションの低減に有効で、空洞のQの低下、伝送路での減衰材としての働き、あるいは、アンテナ・パターンの改善などに利用できます。

当製品は物体の鏡面反射を低減するための使用を目的とするものではありません。(鏡面反射の低減には、ECCOSORB FGMをお勤めします。実際の反射は、鏡面、複合、表面波が要因になっていて、この内の複合要因と表面波要因はこのECCOSORB COATING 269Eで効果的に減衰することができます。

このようにECCOSORB COATING 269Eは、球面や円筒空洞の内面などに使用し、コーティングを施さない物体に比べて、反射率を効果的に低下させます。

船舶のマストや電波暗室内のターゲット支持台の被覆にも使われ、多層被覆を施した複合物体は、通常1GHzから16GHzでは反射率が10dB低下します。

本被覆材は電気的には導体ではないので、真空管などの電導体や導線に塗ることもできます。その際は、塗装が良く定着するために、表面の汚れをよく落として下さい。被覆は強靭で極低温から150℃までの温度に耐えます。屋外曝露にも問題ありません。

1回の塗装による被覆の厚さは約0.38㎜で、多層被覆も可能で、一般には多層被覆によって減衰効果を向上します。

硬化は最初室温かそれを少し上回る温度で行って下さい。多少溶剤が含まれていますので溶剤を蒸発させ、その後で、温度を75℃にまで上げて硬化を促進することが可能です。重量は厚さ1.27mmで4.9kg/m2以下です。

ECCOSORB COATING 269Eの標準的な特性値
単位 ダークグレイ
通常使用温度 0.25mm被覆,Kg/m2 150℃以下
重さ 0.25mm被覆,Kg/m2 >1.0
硬度 Shore D >80

※仕様は予告なく変更する場合があります。

技術資料はこちら⇒269E.pdf