E&Cエンジニアリング株式会社
ECE

◆SITE MAP

 

可撓性に富んだシート型電波吸収体

ECCOSORB AN

AN

ECCOSORB ANは、軽量で可撓性に富んだシート状の電波吸収体シリーズです。反射を抑制したい目的物に簡単に接着したり、あるいは掛けることができます。

代表的用途

 

レーダアンテナナセル、電波暗室、アンテナやターゲット支持台、アンテナパターン改良、等

反射係数

使用下限周波数に応じ最適のタイプを選択することによって、正常の入射角に対して1%以下の反射係数が得られます。シリーズ全タイプによりカバーする周波数範囲は、0.6GHzから50GHzです。(次のページの表をご参照下さい。) FCCOSORB ANは、直線偏波、だ円および円偏波にかかわらず同様な特性を発揮します。また、その反射係数は、入射角の変化にそれほど左右されず、たとえばECCOSORB AN-75の反射係数は、周波数9.5GHz、入射角70°で、金属板(完全反射)に比較し、-17dBの実測値を得ています。

赤外線および可視光線の反射

波長1ミクロンに対し、反射は0.1%、40ミクロンでは6%です。 可視光線の反射は、吸収体表面が黒の場合は0.1%ですが、標準色のライトブルーではより大きな反射が得られます。

 

取付方法

1)クロロプレン系接着剤による接着

被接着両面に刷毛またはスプレーによる塗布を行い、通常数分から10数分放置後、接着面を圧着して完了です。隣り合った吸収体の縁の接着にも使えます。1枚あたりの吸収体に必要な接着剤の量は、作業方法によって大きく左右されますが、ほぼ下記の数量を参考にしてドさい。

接着剤1Kgで

1)スプレーの場合:15~20枚

2)刷毛塗りの場合:10~12枚

2)垂直面や天井への取付けには、釘又はフック金物の使用も可能です。

3)面ファスナーによる取付け

吸収体を随時着脱できるようにする必要がある場合は,取付け面と吸収体裏面にマジックテープ,ベルクロジッパーのような,面ファスナーを接着し,面ファスナーのみによる吸収体保持も可能です。

環境条件

1)湿度

特別な高湿条件下で、常に吸収体表面に結露がみられる場合をのぞき、特性への悪影響は無視できます。

2)温度

-70℃~+120℃(本吸収体は自己消火性です)

3)その他

吸収体が、水、油に触れたり、屋外暴露で使用される場合はECCOSORB AN-WまたはECCOSORB AN-Pをお勧めいたします。

垂直入射でのエコソーブANの吸収性能
ANタイプ カバーされる帯域 最大反射率 シート寸法 厚さ 重量
(Kg/m2)
ECCOSORB AN72 K                 1% 61cm×61cm 0.6cm  1/4” 0.5
ECCOSORB AN73 X,Ku,K             1% 61cm×61cm 1.0cm  3/8” 1.0
ECCOSORB AN74 C,A,B,X,Ku,K         1% 61cm×61cm 1.9cm  3/4” 1.5
ECCOSORB AN75 S,C,A,B,X,Ku,K       1% 61cm×61cm 2.9cm  11/8” 2.4
ECCOSORB AN77 L,S,C,A,B,X,Ku、K     1% 61cm×61cm 5.7cm  21/4” 4.4
ECCOSORB AN79 L,S,C,A,B,X,Ku,K,UHF 1% 61cm×61cm 11.4cm 42/1” 9.8

※電波吸収体の吸収性能の評価は,測定は裏面が金属の場合で弊社における導波管法とNRLアーチ法によります。

※上記の表の値は保障値ではありません。また、仕様は予告なく変更する場合があります。

PDF技術資料はこちら⇒an.pdf