E&Cエンジニアリング株式会社
ECE

◆SITE MAP

 

 磁気損失材料装荷・丸棒,角棒,シート状・機械加工可能

ECCOSORB MF

ECCOSOERB MFシリーズは磁性体装荷の丸捧、角棒、シート状のエポキシ樹脂系材料で、導波管や同軸路線の吸収材、減衰材、終端として広く利用されています。アンテナの部材や一部の自由空間吸収体にも使用されます。このような用途でECCOSORB MFシリーズをご使用いただく場合には、このシリーズを構成する各製品の誘電特性や磁気特性にしたがって使い分けていただく必要があり、これらの特性は別表をご参照下さい。表の中のデータは、簡便のため自由空間に関する正規化値を示しております。

低周波域での応用

無線周波数域では、スラグ同調器などの装置の中で、効率のよいハイQインダクターコアとして用いられてきました。それ以外にもいろいろな磁性部品の中で使われています。例えば、ECCOSORBMFの小塊に真空管フィラメントのリード線を通すことにより、簡単なRFフィルターを形成したり、あるいは、 ECCOSORB MFの小片をり一ド線の廻りに配置して、そこにそれと同等の電気特性を持つ注型材料を流し込んで硬化し、同様な目的に使用することもできます。

MF
電気的性質
10GHzにおける減衰 dB/cm : 8,12,16,24,31,33,39,49,69,75
体積抵抗率 1011 ohm-cm
絶縁破壊強度 1.0kv/mm(25volts/mil)

物理的性質
グレー
使用温度 ℃ 180以下
密度 g/cc 1.6-4.9
引張り強さ kg/sq.cm(pst) 560(8000)
熱膨張係数 ℃毎 ~30×10^-6
熱伝導率 (cal)(cm)/(sec)(cm2)(℃) ~0.003
(BTU)(in)/(hr)(ft2)(°F) ~10.0
水分吸収率 %、24時間 0.3
屋外曝露 耐久性良好
機械加工

前掲の特性表に見られる特徴
K’は周波数が大きくなるにしたがって一様に減少する。
1誘電損失lanδと誘電損率とは、周波数が大きくなるにしたがって増加し、例外はその周波数帯の最も低い所だけであるから、実際の使用の際は無視してよい。
磁性装荷は、MF-110が最小でMFー190で最大となる。K'、K"、M', M "はいずれも同様の増加を示している。
表中のOは、0.01以下の数値であることを示す。
表中の値は公称値であり、ご注文の際の仕様基準値となるものではありません。もし仕様書が必要の場合は、当社の担当営業部にお問い合わせ下さい。一般に、受け入れ検査や出荷検査などで誘電特性や磁性特性を品質管理の目的で使用することはお勧めできません。これらの特性の計測は極めて複雑で時間がかかります。単に密度を調べるだけで十分です。

ECCOSORB MFシリーズの標準製品の寸法は次の通りです。

標準品の寸法
シート状のもの 縦305cm(12インチ)×横30.5cmのシート状で、厚さが0.63cm、1.27cm、1.91cm、2.54cm、3.81cm、5.08cm(1/4、1/2、3/4、1、1 1/2、2インチ)の6種類
角棒状のもの 長さが30.5cmで、断面の一辺が1.27cm、1.91cm、2.54cm、3.81cm、5.08cmの5種類
丸棒状のもの 長さが30.5cmで、直径が0.64cm、0.95cm、1.27cm、1.59cm、1.91cm、2.54cm、3.18cm、3.81cm、5.08cm、7.62cm(1/4、3/8、1/2、5/8、3/4、1、1 1/4、1 1/2、2、.3インチ)の10種類

上記の寸法以外のものもご注文により製作いたします。


ターミネーション(終端)の設計について

終端材料や減衰材料を選択する際に、最初にECCOSORB MF117を使って実験を行うことが効果的で、このためECCOSORB MF117は ECCOSORB MFシリーズの中で最も広く利用されています。終端材料や減衰材料の設計は大部分が試行錯誤によります。まず、過去の経験や推測で ECCOSORB MF部材を機械加工して試作品を作り、そのVSWRや減衰状況を調べ、その結果によってさらに形状を変更します。

VSWR  L(APPROX)
<1.05 1.5B
<1.03 3B
<1.01 10B

WAVEGUIDE TERMINATIONS

step taper pyramidal wall taper

COAXIAL TERMINATIONS

steptaper conical taper wall taper
tanδ
DIELECTRIC DISSIPATION FACTOR ,tanδd
tanm
MAGNETIC DISSIPATION FACTOR ,tanδm
tanδ
PERMEABITY ,μ'/μ0
tanm
DIELECTRIC CONSTANT ,ε'/ε0

※上記の表の値は代表値であり保障値ではありません。また、仕様は予告なく変更する場合があります。


PDF技術資料はこちら⇒mf.pdf

MF別表へ