E&Cエンジニアリング株式会社
ECE

◆SITE MAP

 

超薄型・可撓性・屋外使用可 共振型電波吸収体

ECCOSORB SF

SF

ECCOSORB SFは薄いシート状の共振型電波吸収材のシリーズです。

概要と反射係数

2GHzから16GHzでの領域での共振周波数における垂直入射での反射係数は約1%(-20dB)です。ただし、1GHzから2GHzの対応のものは次のページの表のように特性は少々低下します。

17GHzから26GHzでの特殊仕様もお受けします。

共振周波数近傍での反射特性は次のページの表をご参照下さい。大きな入射角に対する特性の低下率は、広帯域型電波吸収体に比較して、大きなものとなります。例えば共振点における反射係数が-25dBのものは、30°の入射角では-20dB、45°では-16dBになります。

物理的特長

シリコーンゴムを基材としているため、-54 ℃から+160 ℃の温度に耐え、かつ厳しい屋外環境条件下でも使えます。また可撓性に富んでいるため、曲面への貼付も可能です。

代表的用途

特に薄い材料が要求され、かつ、特に広帯域な吸収特性が必要でない用途に最適です。例えば、アンテナ支持周辺機構、船舶マスト、屋外構造物からの不要反射波の抑制、レーダナセルやマグネトロンケースのライニング(特に高電力部分)等に使えます。

型名と標準寸法

型名の数字は共振周波数(GHz)を表しています。例えば、ECCOSORB SF-5.5は5.5GHzに共振吸収します。寸法はすべての型に共通で、30.5㎝×30.5㎝で、厚さは共振周波数によって異なります。詳細はPDF版の技術資料をご参照下さい。

取扱いおよび取付方法

通常のカッターで容易に裁断できます。ECCOSORB SFは金属面へ直接取付けることが必要です。取付け方法は下記の順序にしたがって下さい。

1)取付金属面の脱脂・清拭

2)ECCOSORB SFの接着には、シリーコーン系の接着剤を使用して下さい。

3)ECCOSORB SFを非金属面に取付ける場合は、まずアルミニウム箔等の金属で裏打ちしてから貼付して下さい。


※仕様は予告なく変更する場合があります。


PDF技術資料はこちら⇒sf.pdf